しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

【トイレの捨て方】割れている場合は注意喚起を!

      2017/12/24

また、もし割れている部分があるなら回収する方が怪我をしないようにテープを巻いたりして配慮を示し、「割れ物危険!」などと書いて注意を喚起するようにしましょう。

《便器は何ゴミ?》
もしかすると便器ごと自分で取り替えることもあるかもしれません。その場合は便器は粗大ゴミでは出せないので注意が必要です。この場合も細かく砕くと「不燃ゴミ」として自治体で回収してもらえますが、細かく砕く際には破片が飛散し危険です。さらに十数回に分けてゴミに出す必要がありますのでかなり時間が掛かってしまいます。便器は「産業廃棄物」扱いになります。近隣の回収業者を探し、取りに来てもらうか持ち込んで処分するようにしましょう。処分費用としては取り来てもらうか持ち込みかでも違いますが数千円で引き取ってもらえます。

自治体のゴミに出すよりは少し手間が掛かってしまいますが、決して不法投棄などはせず、適切な方法で処分するようにしましょう。

 - ゴミ処分