しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

お歳暮でもらって嬉しいものランキング!

   

osusume-title-oseibo
お歳暮シーズン真っ只中!定番が良いのか?それとも奇抜な商品が良いのか?
今回はお歳暮についてアンケートを取り、多かったご意見をもとにランキングを作成しました!
全体的に食べ物に人気が偏ったように見えますが、参考にしてみてください。ご自宅用に一度頼んでみて、良ければ来年は、お贈りするのもひとつですね!

9位:胡蝶蘭


去年のお歳暮に、親戚から鉢植えの「胡蝶蘭」を頂きました。
後で花屋さんで見てみたら、値段的にも3万円ぐらいはするような胡蝶蘭でした。
ちょうど、入口の玄関に飾ると映えるようだったので置いていましたが、すぐに枯れるのかと思いきや、すごく長い期間で花が咲いていました。
一週間ぐらいはもつのかな?と思っていましたが、おそらく1ヶ月以上は花を咲かせて、良い香りを楽しみました。
これだけの長い期間で花を咲かせているのならば、他の花と比較すると値段的には高いと思いますが、それだけの価値はあると思います。
生活雑貨品や食品を頂いても嬉しいですが、中にはこのような精神的に癒される品を頂くと、いつまでも記憶に残って嬉しいですね。

8位:小豆島産のオリーブオイル


私はオリーブオイルがとても好きなので、お歳暮でいただいた時は嬉しかったです。しかもオリーブの産地として有名な小豆島産でした。価格は、3本で3000円程度です。自分で買うには少し高めなので、ギフトにはぴったりだと感じました。普段はもう少し安い外国産のオリーブオイルを常備して使っていますが、やはり小豆島産は美味しかったです。小さめのサイズなので、新鮮なうちに使い切ることができます。親戚の方からいただきました。
お歳暮といえばハムやビールが定番ですが、このような「ちょっと珍しくて質の高いもの」をいただくと、特に嬉しいですね。

7位:カット済みずわいカニ


毎年親戚から、お歳暮に冷凍のカット済みのずわいがにを頂きます。
綺麗に殻がむいてあってお刺身でも食べれるポーションで送られて来ます。
量は1キロくらいだ思います。金額は1万円まではしないと思います。
以前まるごとのカニを頂いたこともあるのですがとにかく 準備や処理が大変で正直これはお正月にはめんどうだなと思ったものですがこちらの殻が最初からむいてあるタイプのカニだと本当に楽です。お年始で家族が来た時にさっと用意できて、見た目も華やかでみんなに喜ばれました。
鍋にして全員で最後の雑炊まで食べて大満足の贈り物でした。

6位:自家製や採れたもの

親戚が毎年、自宅で作った柿をこの時期に贈ってくれます。
私が育った地元は柿の名産地です。子どもの頃は、親戚やご近所から頂いた柿が家にごろごろしていたので、さして、有り難みもなく、家にあるから食べていました。
しかし、私は転勤族の妻となり、地元を離れてからは、柿が懐かしく、とても食べたくなります。
また、亡き母と食べた思い出も一番たくさんある柿。
柿が送られてくると、とても懐かしく、「柿ってこんなに美味しかったのね」と子ども時代や亡き母の思い出とともに、柿を頂いています。
私のように、地元を離れた人には地元の名産はお勧めのひとつです。

5位:冷凍いくらと松前漬け


だいたいお歳暮をいただくのは12月に入ってからが多いのですが、正月の宴会の時のおつまみにできるので、食べ物は本当にうれしいです。
価格帯はおおよそ8000円前後だと思います。
当然食べ物以外でもいただきますが、日用品ならたいていうれしいです。お歳暮ではないですが、人間国宝の方が作った100万円の籠を頂いたことがあるのですが、当然時間がたてば次第に壊れてきますし、珍しいものだとおもうとなかなか捨てられないしで、高級すぎるものだと、微妙に困ります。
親戚や近所の交流のあるかたとのやり取りが主です。
商品ではないですが、近況なんかが書いてある手紙なんて付いていると、思わずうれしくなります。

 - ギフト・贈り物