しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

無料のAndroidゲームアプリでおすすめランキング!FPS編【面白い名作!】

   

osusume-title-android-fps
進化を続けるスマートフォン、一昔前までは携帯電話といえばガラケーでしたが、ガラパゴス携帯電話と言われる様に、日本独自の進化を遂げて高機能化していったパカパカ携帯、進化の方向性に強い疑問を持っていたのを覚えています。
パソコンに慣れ親しんでいた人は、PDA型携帯の開発に力を注いでほしいと考えていたのでは無いでしょうか。ガラケーやPDA型携帯が進化する毎に、PCとの連携やPC機能を代行するような能力を備えていくのですが、非常に使いにくい。さらに、Iモードを初めとした独自のネットワーク通信は、既にインターネット全盛の時代において不便な代物でした。
そうこうしているうちにアイフォンの登場です。日本の出遅れた感には、勝手に悔しい思いをしていました笑
さて、今回はスマホの進化を特に感じられると思うジャンル、Android で遊べるFPSを、おもしろランキングベスト3という形でご紹介します。

第3位 スナイパーフューリー

14565529716872021年の近未来を舞台に、悪の組織と戦うスナイパー!
スナイピングって独特の緊張感があっていいですよね。武器はスナイパーライフルだけでなく、連射の出来るアサルトライフルも使えます。
ステージのラストキルシーンなどでは、スロー演出が入ります。飛んで行く弾丸の軌跡を追いかけ命中するシーンをかっこいいカメラアングルで見せてくれます。こまかな演出面では銃を構える時の挙動やリロード時の動きなど自然でリアルな動きをしますね。スマホゲームではなかなかそういった表現も難しかったりするので、細かな動きなどは良ゲーのチェックポイントとしています。
ストーリーミッションのほか、イベントミッションやマルチプレイなどを楽しめますが、どんなステージがあるのかひとつご紹介。
味方兵士の援護ミッション、前線で苦戦を強いられている味方兵士の援護を行う、プレイヤーはスナイパーライフルを構え、遠方の目立たない位置から、味方兵士の移動に合わせて敵兵士を狙撃していく。自分だけではなくて味方を守ってる感があるのがたまりません。
Google Playへ

第2位 INTO THE DEAD

1456553151015そこら中にいるゾンビを左右移動で交わしながら拾った武器でぶっとばすゾンビゲー
ゲームが始まると、目に入るのは墜落したヘリコプター、まわりには大量のゾンビのいる平原。プレイヤーはとにかく逃げて逃げて、逃げた距離が得点となるゲームです。
薄暗く、無数のゾンビがうろつく平原を疾走する感じは、非常に臨場感があり海外ドラマのウォーキング・デッドを連想させます。走っていると時折光る地面が出現、通過すると武器をゲット。ショットガン、ハンドガンからチェーンソウまでいろいろありますが、慣れないうちはどの武器が出るかによって生存距離がかなり変わってくるでしょう。どんなに逃げてもゾンビだらけなので、良い武器出ろっと祈らずにはいられません!
Google Playへ

 - アプリ