しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

無料のAndroid用アクションゲームアプリで絶対おすすめランキングBEST3

   

osusume-title-android-action
「アンドロイド」は人の形をしたロボットの事を指しますが、似たような言葉でバイオロイド、サイボーグなんて言葉があります。
サイボーグとアンドロイドって違うの?って思う方もいるかもしれません。
サイボーグは基本的に人間で、身体能力を強化するパーツを肉体の一部または全部に取り込んだ人間のことを言います。つまり最低でも脳ミソは人間のものということですね。バイオロイドは生物工学で生み出される有機的な部品によって構成されたロボットで、人間と見分けがつきにくいとされます。 近年話題の「ドローン」は、言葉の意味としては「オスのハチ」の意味を持ちます。
独特の風切り音で自立飛行する物体だからだそうです。最近ではスマホで操作できるドローンも出ていて、遊んで見るとまるでリアルアクションゲームをしているようです笑
さて、今回はAndroidで遊べるアクションゲームを、おもしろランキングベスト3という形でご紹介します。

第3位 ワナダンジョン

1456553450716罠だらけのダンジョンをジャンプだけでクリアしていく2Dアクション
ゲーム画面は真横からみた平面的なもので、ファミコンテイストのグラフィック。固定画面でスタート地点からゴール地点にたどり着くとステージクリア。難易度がかなり高い、死んではやり直すトライアンドエラータイプのゲームスタイルなので、心のご準備を。ステージはとにかく罠だらけ、なにもないと思っていたところに背景のはずの松明が飛んできたり、とても通れるとは思えない針に囲まれた通路を落下しながら通過するなど、なんとも難しい死にゲーです。アクションゲームに自信のある方は腕試しにどうぞ。
Google Playへ

第2位 おなか痛いのにフリスビー飛んできた

1456553545730真っ黒に日焼けしたムキムキマッチョのスキンヘッド男が、パンツ一枚で飛んでくるフリスビーを避けるゲームです。
タップするとしゃがんで避けます。お腹の痛みメーターがMAXになるとゲームオーバー、フリスビーにぶつかったり、しゃがんでいる間はメーターが上昇してしまうので、いかにギリギリで避けるかがカギとなるおバカなゲームです。
このおバカゲーム、実はいくつかシリーズがあるので、ついでにそちらもご紹介しますね。
「激ムズ!キノコと筋肉」おなか痛いのにと同じキャラが登場する強制横スクロールアクション。タッチしている間は浮かび上がり上昇していき、離すと下降していきます。上下に配置されたエリンギに当たらないように進めた距離をオンラインランキングで競います。ちなみにおならの力で飛行しています汗。
「夏だ!手ぶらだ!ハイテンションスキージャンプ!」また同じキャラが登場!スキージャンプ台を素足でスベリ降り、飛べた飛距離を競います。画面スワイプで、いかにまっすぐ踏み切れるかが重要なゲームです。ジャンプ中は見ているだけですが、3D物理エンジンで動くムキムキマッチョを見ているだけで楽しいですよ。
Google Playへ

 - アプリ