しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

獺祭のおすすめ商品と最適な飲み方!

   

osusume-title-dassai
最近ではメニューに並ぶお店も増えた『獺祭』
自宅で週末にじっくり飲むか、こんなケースも増えたように思います。

そこで今回は、獺祭の中でも抑えておくべきおすすめの逸品と、その飲み方を案内します。
かなり王道的な内容となっていますので、迷うならばまずは王道から。

獺祭のこと

獺祭は、旭酒造が作る日本酒です。
一応、基礎の基礎をさらっとおさらいしておきます。

獺祭は山口県の旭酒造で作られます。
獺祭は大きく分けて2種類あり、

  • 純米大吟醸
  • スパークリング

の2つが挙げられます。
純米大吟醸酒しか作らない酒蔵は非常に珍しく、普通酒がないことから価格も全体的に高めになっています。

純米大吟醸にいくつか種類がある

通常のメーカー・酒蔵であれば、磨きの割合に応じて名称を変えます。
獺祭では全ての製品が5割以上磨く大吟醸のため、磨きの割合が異なっても、全て大吟醸と名がついています。

獺祭の純米酒は、大きく分けて3種類に分類できます。

  • 獺祭 磨き二割三分
  • 獺祭 磨き三割九分
  • 獺祭 純米大吟醸50

次にそれぞれの詳細を確認しましょう。

獺祭 磨き二割三分

お米の中心23%を残して、磨き上げます。
つまり、100kgのお米があったとすると、磨き上がった後には、23kgのお米しか残りません。
ここまで極端に磨くことは珍しく、これこそ獺祭の大きな特徴とも言えます。

獺祭 磨き三割九分

こちらも同様に、お米の中心39%を残して磨きます。
61%は削り落とされてしまうわけですね。

獺祭 純米大吟醸50

こちらは50%残します。
純米大吟醸酒は、50%以上磨かないと『大吟醸』を名乗れませんので、ぎりぎりのラインだともいえます。

 - 飲料・酒