しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめ映画18選!【ノージャンル】

      2015/12/07

eiga_osusume2

8月のクリスマス

私がこの映画を見たのは、韓国映画が大好きだからです。「シュリ」ですっかり韓国にハマり(決して冬ソナでハマったわけではありません)、それから韓国映画をちょくちょくチェックしていたのですがとても面白い作品に出会えました。
日本でも山崎まさよし主演でリメイクされましたが、とにかく泣けます。もう、号泣です。メイクが落ちるくらいに泣けます。
決して派手な映画でなく、イケメンが出てくるわけでもない。とても「静かな」映画なのですが、その抑えた中からにじみ出てくるセピア色の色調とでもいうのでしょうか。そこが素晴らしいです。
死を悟った主人公が自分で自分の遺影を撮影するシーン、小学校の鉄棒から伸びる影、主人公がいなくなった後の写真館を覗き込むヒロイン・・・。全てが切ないです。
最近映画で泣いていないという方。穏やかな気持ちになりたい方におすすめです。
八月のクリスマス デジタル・ニューマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

ヴァージン・スーサイズ

ミステリアスで美しい五姉妹の話で、内容はとても重く悲しいものです。思春期の不安定な感情を監督が独自のタッチで描いたような映画です。話の内容とは対照的に映像がとても美しく、監督のソフィア・コッポラのセンスに脱帽させられます。パステルカラーの色使いやファッション、小物、背景と全てが美しく、観ているとついうっとりしてしまいます。またエールというバンドの曲がたくさん用いられたサウンドトラックが映画の雰囲気によく合っていて、とても素敵です。どこか釈然としない曖昧な部分に考えさせられるものがあり、それもまたこの映画の良さなのだと思います。
ヴァージン・スーサイズ [DVD]

エイミー

この映画は主人公のある事情により、作中に歌がちりばめられており、ミュージカルのような雰囲気がある映画です。
主人公のエイミーは、言葉を話すことができません。その代わり、歌をうたうことで自分の考えや感情を伝えることができます。しかし歌で表現することを指をさして笑う子どもたちがおり、エイミーは心を閉ざしていきます。そんな時に現れるのが、近所のお兄さんです。エイミーが歌で会話できることに気付き、閉ざした心をとかしていきます。そのやりとりが家族愛のような感動があり、とても好きです。最後にエイミーが泣きしながら言葉を話せるようになった所は、本当に号泣しました。
エイミー [DVD]

風と共に去りぬ

多くの人に愛されている作品ですが、私はこの作品が大好きです。主人公であるスカーレット・オハラという、若くて美しい女性が、アメリカで実際に起こった南北戦争の中で、家族や友人を守る為、奮闘する姿が心をうたれます。彼女はまるで江戸っ子の様に口のきき方がキツイのですが、行動で優しさを示す為、その姿を見て、心ある人間は彼女に対し、手を貸したり、守ったりします。彼女の生き様を見ていると、黙って待っていたのでは、どんなに美しい女性でも幸せはやってこないのだとつくづく思います。この様に、生き方を勉強させてくれる作品は滅多に出会えません。
風と共に去りぬ(初回限定生産) [DVD]

キンキーブーツ

とある田舎町の靴工場、急死した先代に替わり後を継いだチャーリー、トラッドシューズ専門の工場は多額の借金を抱えていた。工場の従業員を沢山リストラし、失意のドン底に陥った所に追い討ちを掛けるのが工場を売り払ってしまって自分達の新居を買おうと言うチャーリーの苦悩を理解しよいとしない自分勝手な婚約者。
そんなチャーリーと靴工場を救ったのは、一人の従業員ととある町で出逢った一人のドラァグクイーンでした。
ドラァグクイーン達の靴を創るという新境地で靴工場の従業員との葛藤、ドラァグクイーンへの偏見をはね除けて窮地の靴工場が再生していくサクセスストーリーが見ている私に勇気を与えてくれます。
キンキー・ブーツ [DVD]

ショーシャンクの空に

私が一番好きな映画の一つです。
冤罪で収監されてしまう銀行員のアンドリューが、刑務所の中でも希望を捨てずに誠実に生き、
最後には脱獄して刑務所の所長に復讐を遂げる話です。
冤罪で刑務所に入り、膨大な人生の時間をそこですごさなければならなくなった主人公のアンドリュー。
でも決して希望を捨てずにコツコツと脱獄への布石をしつつ、日常生活では刑務所でも誠実に生き続けます。
その誠実な男が、刑務所所長が私利私欲のために主人公の冤罪を証明する囚人を殺した時、アンドリューは復讐と脱獄を固く決意します。
それを悟られないように用意周到に計画して、脱獄を実行します。
長く不遇の不幸な状況下にありながらも、希望を捨てないこと、誠実に生き続けること、そして最後に自分を酷い目にあわせた所長には
きっちり復讐を果たします。
脱獄したアンドリューは、逃げ延びた先で冤罪で失った時間を取り戻します。
刑務所での友を裏切ることも忘れることもなく、友と共に失った時間をこれから取り戻すであろう未来、それを彷彿とさせるラストシーンが、
どんな不遇の時も決して捨てなかった「希望」が現実になったことを象徴しています。
何度見ても好きな映画です。
私は最初、映画の中で出てくる「囚人のブルックスとカラス」を映画「グリーンマイル」の「囚人とねずみ」と混同してしまいました。
デジャヴのような感じがしました。後でわかりましたが、「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」二つの映画の雰囲気が似ているのは、
監督が同じだからです。
でも、私は「ショーシャンクの空に」の方が好きでお勧めします。
特に、自分が苦しい時、不遇の時にこの映画を見ると「どんな時であっても、希望を捨てないことがどれだけ重要か」と感じると思います。
ショーシャンクの空に [DVD]

女子ーズ

私が、この映画を見ようと思ったきっかけは監督とキャストでした。監督はテレビドラマの勇者ヨシヒコでお馴染みの福田雄一監督です。そして、キャストなんですが、女子ーズという5人の戦隊ヒーロー。あまりの豪華さにびっくりしました。桐谷美玲、高畑充希、有村架純、山本美月、藤井美菜。もちろん福田雄一監督作品でお馴染みの佐藤二朗、ムロツヨシ、安田顕なども出演されてます。良い意味でくだらないコメディー映画かなあと思い見にいきました。思った通りくだらないコメディー映画だったのですが、途中戦隊ヒーロー物から脱線したり、まじめすぎて空回りする桐谷美玲や、良い感じに冷静につっこみを入れる高畑充希など非常に見応えがありました。個人的には有村架純がおもしろかわいくて非常に良かったです。
「女子ーズ」DVD

紳士は金髪がお好き

マリリン・モンロー主演の名作です。ニューヨークでショーガールをしている主人公のローレライはお金持ちの男性が大好きで、その美貌と抜群のスタイルを活かし、エズモンドという資産家の息子と婚約をします。しかし、彼の父は婚約を快く思っていない為、探偵を雇い、足を引っ張ります。1度はエズモンドの信用を失うローレライですが、最後にはその父までも手中に治めてしまいます。彼女は「男が美しい女と結婚したい様に、女はお金持ちの男と結婚したい。」「お金が無ければ、お金の事ばかり考えていて、相手を愛する暇が無い。」等、独自の考えを持っています。しかし、誰もが口に出しにくかったり、分かってはいるが受け入れにくい事を、彼女は端的な言葉で表現してしまうのです。その姿に私は、自分の生き方を振り返る必要があると感じてしまいました。
紳士は金髪がお好き [DVD]

スターウォーズ

公開にあたりこれほど世界が熱狂する映画は数少ないと思います。シリーズ物で題名がエピソード○となっているので、どの作品から見ればいいのかわかりやすいので初心者にも比較的見やすくなっています。実際、一作目、二作目あたりを見るとスターウォーズの世界観にハマっていくと思います。今冬公開の新作は特に映像も凄そうなのでまだ全作見てない人は一度見ておいた方がより面白く見れます。内容は誠治や人間関係など少し難しい場面もありますが、広大な宇宙を舞台とした迫力ある戦闘シーンや目も離せないスピーディーな展開は大人から子供まで様々な年齢層で楽しめる映画です。
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 - 映画・テレビ番組