しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめの小説20選!【ノージャンル】

      2015/12/07

osusume_syousetu2

TSUGUMI

この作品は、吉本ばななの初期作品です。まだ、彼女の名前表記が「よしもとばなな」ではなく「吉本ばなな」だった頃です。
海辺の街を舞台にした少女たちの触れ合いの物語。とても瑞々しく、その渦中の年齢にいる人、まだその年齢に達していない人には羨ましく、その年齢を超えた人にはどこか気恥ずかしさを感じさせる作品です。もう、これでも、これでもかと青春を打ち出してきます。でも、決して不快ではありません。読んでいる間だけでも日常のことを完全に忘れられます。日々の生活に疲れた方におすすめの作品です。最初は、主人公まりあに。次は敵対するつぐみに感情移入して読んでみてください。違った見方ができるはずです。
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

赤毛のアン

赤毛のアンを読むと、元気をもらえます。
アンはおしゃべりで想像力豊かなところが特徴です。
そして、そばかすや赤毛がコンプレックスです。
しかし、それらのコンプレックスを始め、何か嫌なことがあると、素晴らしい想像力で想像して、ないものにしてしまいます。
何か辛いことがあっても、想像してみたらどうってことがなくなるのだと思いました。
私もアンのように楽しい想像をして頑張ろうと思えます。
また、ストーリーも面白いです。
特に、アンとアンの髪の毛をからかったギルバートとの関係性が面白く、最後までどうなるのかとハラハラドキドキします。
特に女の子には是非読んでもらいたい作品です。
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

イニシエーション・ラブ

この作品を読み終えて、最初に思ったのは「やられた!」ということでした。普通によくある恋愛ものと思って読んでいたら、確実に騙されます。しかし、その騙された感は決して不快ではないのです。むしろ心地いいものです。
作品舞台が1980年代ということ、当時流行ったドラマ、主人公の愛称、それらをうまく組み合わせて、作者は最後の最後にどんでん返しをしかけてきます。そのどんでん返しに乗ってしまうかどうかは、読者次第ですが断言します。必ず騙されます。そして、読み終わったら、もう一度最初から読みたくなるでしょう。最後の二行で全ての謎が解けます。
イニシエーション・ラブ (文春文庫)

いのちの初夜

ハンセン病を扱った歴史的な資料としてもとても勉強になる短編小説です。日本でもあれだけ苛烈な差別をされていたにもかかわらず、時代とともにだんだん忘れ去られていく問題だということ自体に問題があるような気がします。そういう意味でも若い人も興味を持つべき小説です。日常とは離れた異常な隔離施設におかれた人間の心理が生々しく描かれており、フィクションであるとは思えない衝撃に震えます。人間とはなんだろうか、生きるとはなんだろうかという問いは、病気や施設が忘れされてもずっと残る純粋な疑問です。その点にはいつまでも共感をもって読むことができます。
いのちの初夜 (角川文庫)

映画篇

誰でも聞いた事があるような有名なタイトルの映画をモチーフにした短編集です。映画のうんちくのような話しではないので、その映画自体を知らなくても普通に読めます。
物語は5つあって、どれもストーリーとして繋がってはいないけれども少し関係はあるという感じ。大切な人との繋がりがテーマとなっていて、悲しかったり寂しい話もあるけれども、全ての物語を繋ぐような最後の物語が、明るくてしかも締めがとてもいいので読み終わった後、体にパワーが注入されたような気持ちになれる。
読んだ後、もう一度大切な誰かとその映画を観たくなる本です。
映画篇 (集英社文庫)

キノの旅

話しは続いていくシリーズものですが、短編小説のようになっていて長々しい説明文などはあまりなく、とても読みやすい本になっています。ありえないような話、だけれども人間の本当の愚かさや恐ろしさなどに気づかされるそんな本です。人の悲しみや喜び、生きていくことの大変さ、幸せ、何回か読み直すと今こうして何事もなく平和である人間がどんなに素晴らしいのか考えさせられます。また、アクションな部分も時々あってハラハラドキドキ、飽きずに読み続けられます。普通の本とは違い、文章や内容、文字のあり方までものすごくオリジナリティー溢れる本になっています。
角川つばさ文庫版 キノの旅(1) the Beautiful World

>凶悪―ある死刑囚の告発

家の中でTVを見ていると、コメンテーターが慎重に言葉を選びながらコメントをしている、もしくは偏った意見を発している場面を多く目にします。しかし世間では、その様な取り繕った言葉では表現できない事件が多く存在しています。それを分かり易く表現しているのが、この本です。週刊新潮に掲載された記事を元にして書かれたこの作品は、事件を起こした人間の恐ろしさや心情等を隠す事なく表現しています。現在、同じ内容ばかりを連日報道している事が多々ありますが、この作品では、事件を起こす人間の心情、関係者の考え等、私たちが知るべき人の恐ろしさを教えてくれます。情報に飢えた現代にオススメしたい1作です。
凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

クロスファイア

この作品は、宮部みゆきの小説によく出てくる「超能力者の哀しみ」が強く描かれた作品です。超能力を持ったからといって決して幸せになれるわけではない。むしろ辛いこと、悲しい目に遭うことのほうが多い。そんなことを繊細なタッチで描いています。
普通の人は、超能力が欲しいと願います。空を飛べたり、瞬間移動ができたり、人の心が読めたり・・・。主人公はバイロキネシスという、念じるだけで物を燃やすことのできる力を持っています。しかし、その力を持てあまし、組織に利用され、最後には組織によって抹殺されてしまいます。彼女は、普通に生きたかっただけなのに。もし、自分が超能力を持ってしまったら。そういう一見、荒唐無稽なテーマを真剣に考えさせてくれる作品です。
クロスファイア〈上〉 (光文社文庫プレミアム)

四十九日のレシピ

とにかく乙美が女性として素晴らしすぎます。生きているときも、その死後も、周囲の人を幸せにしようとする生き方は感銘です。涙なしでは読めない作品です。難しい性格の熱田良平に後妻として嫁いだ乙美の遺言は、四十九日にはみんなで楽しく宴会を開いてほしいというものでした。しかし、残された熱田良平も、前妻の娘も、乙美との関係や現在の状況に後悔ばかりで、乙美の死も今自分が置かれている状況も受け入れられずにいます。そこに、自分の死後に家族のサポートをするよう乙美から頼まれたといってヤマンバのようなギャル井本と、謎のブラジル人ハルが加わり、不思議な生活がスタートします。複雑に絡み合っていいた糸が、少しづつほどけていきます。乙美の残したのは料理のレシピだけでなく、人生のレシピだったのです。家族を大切にしたいと思える小説です。
四十九日のレシピ (ポプラ文庫)

斜陽

日本人ならば、誰もが知っている名作です。私は、この小説に出てくる言葉で、「不良でない人間があるであろうか」という節に、慰められました。当時、社会人1年目で、罵倒される毎日の中、自分は人としておかしいのではないかと思っていた時、彼のこの言葉により、自信を取り戻しました。そして彼は、この話の中で、「世間でよいと言われ、尊敬されている人たちは、みな嘘つきで、偽物」「お前たちは、札のついていないもっと危険な不良じゃないか」と言うのです。学生時代、不自由なく、大切に育てて貰った私は、世間の汚れた部分を知りませんでした。しかし、彼はとても分かりやすく、私たちに教えてくれるのです。とても魅力的な作品です。
斜陽

 - 本・書籍