しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめのコメディー小説はこれだ!今すぐ読みたい5冊の名作!

   

osusume-title-komedexi

陽気なギャングが地球を回す

この「陽気なギャングが地球を回す」は井坂幸太郎さんの作品で2006年出版されました。
同年に映画化もされています。
登場人物は他人の嘘が見抜けるリーダー格の成瀬、しゃべり出したら止まらない演説の達人の響野、スリの達人で普段は心優しい青年の久遠、正確な体内時計を持ち卓越したドライビングテクニックの雪子。一社会人の顔をしながら銀行ギャングのウラの顔を持つ彼ら。彼らによる「仕事」にからむストーリーです。
とにかくこの4人のキャラクターがおもしろくて魅力的。軽妙な会話が面白く、テンポもよくて読み進めていくうちに映像が浮かんでくるようです。「陽気なギャング」はシリーズになっているので、ぜひ全部読んでみてください。
陽気なギャングが地球を回す

四畳半神話大系

この本は、一話一話読み進めるごとにどんどん物語の世界に引き込まれていきます。
一話目を読んだ時点では、特に面白くもなくつまらなくもない話で、「ふーん。」程度な感じでした。
2話目を読み進めていくと、繰り返される言葉遊びや回りくどい表現が気に入ったのか、
ページをめくる手が止まりませんでした!
四話目では物語をきれいにまとめ上げてくれてあり、読み終わってすっきりしました。
それと同時になんだかもやもやした気持ちも残ります。
一つ一つの事件はとても些細な出来事で、とってもくだらないのです。
しかし、だからこそ、それを魅力的に表現できる言い回しに感動したのだと思います。
四畳半神話大系 (角川文庫)

イン・ザ・プール

この作品は、人によってすごく好きな人と全く受け付けない人の二通りにわかてしまうと思います。
ですが、私にとってはド嵌りでした!
主人公の精神科医「伊良部」の毒のあるキャラクター設定が気に入りました。
陽気なピエロのような性格からは想像もできない発言をするので、
読みながら「え?」と聞き返してしまいたくなったり、「は?」と思考停止してしまうような場面もありました。
それに加え、自意識過剰、神経過敏な現代人が、少し道を踏み外すと、この物語の様な「患者」になってしまうのだな、
と思わされ、ぞくりと寒気を感じました。
現代人の心の狂いをおもしろおかしく指摘してくれる伊良部医師を想像しながら、
「自分を気をつけなきゃ」と思わされました。
イン・ザ・プール (文春文庫)

 - 本・書籍