しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめの掌編小説を紹介。名作・傑作ラインナップ

      2016/05/01

osusume-title-syouhen
すきま時間でもサラッと読める短い、短い掌編小説。
名作を中心に順次アップしています。

遊戯の終わり

アルゼンチンの短編の名手、フリオ=コルタサル。
コルタサルの短編を一冊にまとめた掌編小説集が『遊戯の終わり』です。
全ての短編のテーマが、崩壊する日常世界、狂気と正気の葛藤、幻想と現実の危うさというテーマで一貫されています。
読んでいく内に、自分が今存在する世界が現実なのか虚構なのか分からなくなり、足下が崩れていくような恐怖と、ハッとさせられる驚きがあります。
この一冊を読まずして、掌編小説を語ることはできないと言っても過言ではありません。
外国人作家ながら、岩波文庫で手軽に入手できるのも嬉しい一冊となっています。
遊戯の終わり (岩波文庫)

宝くじ

宝くじが当たったら何を買おうかと考えたことがある人は多いと思います。しかし実際に当たると、どうしたら良いのか分からずに混乱する人のほうが多いのではないでしょうか。
夢を追っている時が一番幸せなのです。この小説は、宝くじが当たり、変わっていく人間が描かれています。大金が盗まれたらどうしようと不安になり、犬の散歩にも行けなくなってしまいます。
最後には、精神科を受診するまでになりますが、先生にも本当のことを言えない有様です。お金とは一体何なのでしょうか。短い文章でありながら、考えさせられる小説です。是非、次回は長編で読んでみたい作品です。

瓶詰の地獄

夢野久作を読むなら、ドグラ・マグラをいきなり読むより、このような掌編を読むことをおすすめします。短いながらも狂気が凝縮されています。
構成は、無人島に到着した兄妹が瓶に詰めて海に流した入った三つの手紙です。面白いのは、ただ読むだけなら三つの手紙が並んでいるだけなのですが、それが書かれた順番が実は逆で(第一の手紙、第二の手紙、第三の手紙とありますが書かれた順番は、第三の手紙、第二の手紙、第一の手紙)その事に気が付くと、無人島で彼らがどんな風に精神的に追い詰められて最後の選択に至ったのかが分かるという、ちょっとした推理もできます。
また、手紙に書かれた事柄から推測すると、この兄妹のおかれた状況にゾクッとします。
瓶詰の地獄 (角川文庫)

 - 本・書籍