しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめのジュブナイル小説!筒井康隆さんの名作を2本!【ヤングアダルト小説】

   

osusume-title-jobnail
ジュブナイル小説として2冊をご紹介します。
ヤングアダルト小説とか若者向けの冒険SF小説といった方がしっくりくるでしょうか。
共に筒井康隆さんの作品です。傑作中の傑作です。ぜひ!

時をかける少女

「時をかける少女」は1967年発刊の作品です。ドラマ化、映画化もされています。中3の芳山和子がある日、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失っていまいます。そしてそれ以来彼女の周りで不思議な事件がおきます。大御所、筒井康隆さんの作品で、ジュブナイルの古典とでもいうべき作品です。その昔に読んだ頃は初めて触れたタイム・スリップもので、ドキドキしたことを覚えています。また和子と深町君との淡い恋に胸がキュンキュンしましたっけ。さすがに50年近くも前に書かれた作品なので、ちょっと言い回しが古いかな、と感じる点もあるものの、今読んでもワクワクさせてくれます。小6の娘に勧めたら「面白かったよ」と言っていました。
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

 - 本・書籍