しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

6つのおすすめ冒険小説をご紹介!

      2015/12/21

osusume-title-bouken
今回は冒険小説好きな方々のご意見を元に、おすすめ文庫6冊をご紹介します。
コメントも一緒にどうぞ!

タイタニックを引き揚げろ

クライブ・カッスラーのダーク・ビットシリーズの第三作目の作品です。
映画で実写化されましたので同じく映画化された「死のサハラを脱出せよ」と並んでこの作品が一番知られている作品だと思いますが、相棒のアルとともに活躍するこのシリーズは二十作以上執筆されています。
このシリーズの魅力は何と言ってもそのスケールの大きさでしょう。
NUMAという仮空の海洋機関のダークが世界中を股にかけてアルとともに大活躍するこのシリーズは、深い科学的知見に基づいて環境問題や歴史の証明など様々な分野を視野に入れながら、超人的な活躍をするという正に冒険小説の金字塔とも言える作品です。
タイタニックを引き揚げろ

ブレイブ・ストーリー

小学生の時に初めてこの小説を読んだのですが、同じく小学生の主人公ワタルにすぐ感情移入できました。
どこにでもいるような普通の少年ワタルには、複雑な家庭環境があり、小学生が経験するには辛い現実が次々と起こります。
冒険を通じてワタルはいろいろな人と出会い、成長していきます。
その姿がまっすぐでとても共感できました。
同時に、出てくる他のキャラクターも個性豊かで、読み続けるたびに惹きこまれました。
ラストシーンは涙が止まらない展開が続きましたが、没頭してあっという間に読み終わってしまいました。
友達や家族の大切さに改めて気づける、大切な一冊です。
ブレイブ・ストーリー (上)

十五少年漂流記

初めて読んだのが中学1年の時でした。その時の小説の表紙が色とりどり、カラフルで見ていて気持ちがよかったからという理由で購入しました。
それまでは小説を買っても、最初から最後まで一冊を読破したことがなく、こちらの本もずっと本棚にしまってありました。
あるときなんとなく一度読んでみようかなと思い、読み始めました。初めは「やっぱり本を読むってつまんない」と思ったのですが、
今回こそは絶対に読み切りたい!という思いで、最初こそ無理して読んでました。
でも15人の少年が無人島に到着して、どのように故郷へ帰るか・・・というところがすごく気になってきて、結局あっという間に読み終えることができたんです。
内容はもちろん本一冊をよむことができる!という自信もつき、読書好きのきっかけになった一冊です。
読書嫌いのお子さんがいらっしゃるなら、内容も難しくはないのでお勧めしたい一冊です。
十五少年漂流記

 - 本・書籍