しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

名作推理小説!おすすめの傑作選!

   

osusume-title-suiri

首無の如き祟るもの

三津田信三さんのミステリー小説が好きで、こちらのシリーズはすべて読んでいます。
どの作品もよく出来た世界観で、ホラーの要素もあり、読むうちにどんどんと引き込まれていきます。
世の中にミステリー小説はたくさん出版されており、読み慣れてしまいがちです。
でも、こちらのシリーズは伏線がちりばめられているんだと知った上で読み進めても、楽しめます。
必ずラストに驚き、また最初から読みたくなるのです。
あのときの言葉、行動はそういう意味だったのかと興奮して、読み返せるのは楽しいです。
ミステリー推理小説を読む醍醐味が味わえるので、おすすめです。
首無の如き祟るもの (講談社文庫)

告白

誰か娘を殺したのか、その犯人を見つけるため、また復讐をするためならどんなことでもやってみせるという母親。
しかもその犯人が自分の教え子の中にいる、というショッキングなストーリー展開です。

一体犯人は誰なのか、どうやって殺害をしたのか、もしくは事故なのか?読みながらも自分で色々なパターンで推理をしたくなってしまいます。

実際にこういう事件って今の時代ならありそうなのが怖くも感じました。
復讐は絶対にいけないことではないような、そんな気もします。
復讐をしたいという気持ちは事件に巻き込まれた人であれば誰でも思うことではないでしょうか。

 - 本・書籍