しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

英語辞書(英和・和英・英英)のおすすめはこれ!中学生・高校生向けと大学生~社会人向け

      2015/12/28

osusume-title-jisyo

レインボー英和・和英(小学生~中学生向け)

高校入試に必要な単語が、ほぼ全部掲載されています。
単語一つ一つに挿絵が描かれていて、文字からだけでなく、絵からも覚えられます。絵があった方が無いよりも、確実に頭に入りやすいです。
発音記号ではなく、カタカナがふってありますので、読めない単語も簡単に読めるようになります。例文にも全部カタカナがふってあります。これは非常に珍しいことです。
前半にある英和辞典の部分が終わったところに、ちょっとした問題集が収められており、楽しみながら勉強できます。
そのすぐ後には、動詞の不規則変化表や、形容詞の不規則変化表もあり、とても便利です。
ハードカバーなので、本棚への片付けも簡単です。
レインボー英和・和英辞典

ジュニア・アンカー英和・和英辞書(中学生向け)

私の持っているこの辞書は、1998年4月1日第3版発行のものです。

英和と和英か一冊になっているので、厚みは4.5cmあって重いです(820gくらい)。

これは私が35歳の時に、英語を学び直そうと決意して購入した辞書なのです。
現在53歳、今でも趣味として英語の勉強を続けています。
英検準1級に挑戦していますが、合格の点数には程遠くて苦戦しています。

この辞書は、写真やイラストが多く掲載されていて、子どもはもとより大人でも楽しく読めるように出来ていると思います。
後ろに掲載されている不規則動詞の表も、学び直しには大変為になりました。

最近はもっぱら電子j辞書の使用が多いのですが、
暇な時間に、この辞書をパラパラ眺めるのも良いな~と思いました。
ジュニア・アンカー英和・和英辞典 第5版

ジーニアス(中学生~高校生向け)

私が中学生の時には、入門編の他のメーカーの英和辞書を使っていたのですが、中学3年生くらいともなると、ボキャブラリーの少なさに入門編の辞書では勉強出来なくなります。そこでジーニアスの英和辞書を購入しました。
今まで入門編の軽い薄い辞書を持ち歩いていたのに、ジーニアスはなんて重たいことでしょう…。言いながらもこの見づらい辞書を真っ黒になるまで使い続けました。正直なところ高校1年生の頭ではかなり難しかったのです。あとでわかったことですが、玄人受けの良い辞書で、本当に深く英語を勉強し、こんな使い方もあるのだと知識が増えていく辞書だと思います。勉強すればするほど、この辞書の面白みが理解できていく気がします。
今は電子辞書があり、簡単に調べてしまいますが、私は紙をめくり真っ黒になった愛読書のこの辞書好きですね。我が家はまだ小学生の子供たちですが、電子辞書ではなく紙の辞書の良さを感じて欲しいと思います。

最大のおすすめポイントは、語法の解説が丁寧なところです。以前の版でも、すでにかなり充実した解説がみられましたが、第5版では、学習者が混乱してしまいがちな点を中心に解説文が改められ、分かりやすさが向上しました。
なお、重要な部分は赤い背景で目立つようになっています。このほか、例えば動詞なら、どのような形で使用するのが正しいのかが各項目の冒頭に明確に示してあるので、ぱっと見ただけでも文型のパターンを把握することができます。
用例が豊富なのも魅力的です。古い版でも用例が多めでしたが、第5版ではコロケーション(語句のつながり)を念頭に置いて大幅に見直され、さらに改善されました。

英和辞典といえば、わからない英単語を調べ、日本語の意味を確認するだけの存在だと捉えられがちです。
けれども大修館書店のジーニアス英和辞典は、英単語をどれだけ正確に使用するかということに重点が置かれ編集されています。
この辞書が特にすばらしいのは、単語ひとつひとつの語法が詳しく解説されていることです。
大学受験などで自由英作文など「英語を書かせる問題」が増えている今、わからない単語を調べながら、正しい使い方を学ぶことは一石二鳥といえるでしょう。
日本語を学ぶ外国人は「てにおは」などの表現に困るそうですが、英語を学ぶ日本人も同じように細かい文法に悩んでしまいます。
けれどもこの辞書があれば、その悩みが大きく解決されるのではないでしょうか。
ジーニアス英和辞典第5版

 - 本・書籍