しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめのライトノベル?この8冊読んでみてよ!

   

osusume-title-raitonoberu
誰が選んだらこの8冊になったの?と言わんばりの選定です。
出版から時間のたった作品は中古本で1円商品もありました。この冬、インドアに過ごすなら是非どうぞ!

フォーチュンクエスト

私が中学生の時に出会った小説です。
現在アラフォーになりましたが、まだシリーズは続いています。

10代後半の詩人の女の子、パステルが主人公で、
リーダーの戦士クレイ、盗賊のトラップ、魔法使いのルーミィ、巨人族で運搬業のノル、キットン族という謎の種族の農夫キットン、ホワイトドラゴンのしろちゃん、
この6人と1匹(ドラゴンを匹と数えるなら…)のパーティーが、様々な冒険をしながら成長していく物語です。

THE!ファンタジーな内容で、
作者の深沢美潮さんはRPGが大好きで、本人もたくさんのゲームを経験しており、
RPGが好きな人にはたまらないお話です。

冒険だけではなく、登場人物に10代後半が多く、
この年代ならではの悩みや葛藤を細かく描いているところも、とても魅力的です。
可愛らしい絵柄と、冒険者でありながらも普通の女の子であるパステルの心情がとても共感を持てるので、
特に女の子にお勧めのファンタジー小説です。
新フォーチュン・クエスト

時あかり

大正時代を舞台にしたお話です。
主人公の大学研究室助手の榊と、ずぼらな絵師の御影が活躍します。この二人のキャラクターが生き生きとしていて、とても魅力的です。
御影は、人に見えないもの(幽霊)が見え、それを絵に描いて生計を立てていますが、絵を書く以外は何もできない少年です。描く絵から、化け物絵師と呼ばれて忌み嫌われています。そんな彼の世話を焼き、将来を案じているのが榊です。
榊は一言でいえば、苦労性。御影のだらしなさを叱りつつ、結局は好きなようにさせています。
二人の軽快なやり取りが、コミカルでもあり、ちょっと切なくなる小説です。
時あかり 妖筆抄奇譚

三千世界の烏を殺し

 この作品に初めてであった頃は、自分の周りはある意味カオス、修羅場という方が近い状況でした。
 主人公のルシファードは、辺境に”左遷””追放”されたとにかく有名人な軍人という設定からして、おとなしい作品にはならない予想で読み始めました
 軍隊とは認めない某国の戦闘集団に、身内が関係していたり、民間人の立場で自身が裏方としてかかわり続けて者からすれば、目がテン!、絶句、ある!×100、爆笑とかなり忙しい思いをしている作品です
 であった頃の精神状態で読み始めて、平和な時間の巻のうちは、登場人物すべてに問題がある、ありすぎて… 涙をチョチョぎらせて、ツッコミをいれ、こんな軍人いないわ!居たら、即終わると思いつつも ストレスためずに読めたので いま、その状態が完全クリアになり、読み直して、また、同じ感想を持っていられる作品です

 - 本・書籍