しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめ10良書!時代小説・歴史小説ならこれ!

   

osusume-title-rekishi
時代小説と歴史にそった歴史小説からおすすめどころをピックアップ!
紹介の線引が曖昧だろ!みたいなツッコミはなしでお願いします!
かなりバラバラなラインナップです。歴史書が混ざってるとか言ったのだーれ?

坂の上の雲

司馬遼太郎著の明治におきた日清日露戦争を扱った作品です。
主人公は松山出身の陸軍秋山好古と弟の海軍秋山真之と俳人正岡子規の三人ですが、ほかにも魅力的な人たちがたくさん登場します。
この作品はNHKでも毎年年末にシリーズとして放映されたので、ご存知の方も多いと思います。テレビと小説ともに日本とロシアに中国を舞台に壮大なスケール書かれており、明治日本人の楽観主義と悲壮感、そしてひたむきな姿勢が司馬史観を織りまぜられてユーモラスでテンポよく話が進んでいきます。
また正岡子規の俳句に傾ける情熱と真之との友情も、読んで心に残るところだと思います。
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

三国志

堅苦しい本だと思い込んでいましたが、読んでみると時間も忘れて読み続けてしまう本です。その理由の1つに、登場人物が多いのに、一人一人の考え方、思いなど人物像がしっかりしており、感情移入しやすい事が挙げられます。
自分も本の登場人物の1人になったのでは無いかと錯覚をしてしまうほど人々の機微に触れて書かれています。
それ故に、一番のお勧めは、登場人物達の人間関係の模様です。仲間達は助け合い、敵であっても男気や実力がある人達は認め合い、それぞれが思う国を造るべく切磋琢磨していく様子はとても感動します。
その中でも、家族や友達を思う気持ちや戦略などの仕方は現代の生活の中でも参考になりますし、とても役に立つ事もこの本の良いところの1つです。
三国志 (1)

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

第二次世界大戦中、硫黄島防衛の最前線で指揮をした栗林中将の小説です。
作品の前半では栗林中将の決別電報の解説や彼の部下だった男性の証言があります。
骨踏む島と呼ばれる硫黄島、物資や弾薬全てが不足するなかアメリカ海兵隊に記録的な大打撃を与え、全滅するまで戦い続けた兵たちとその兵たちを訓練した中将について詳しく書かれています。
戦場で人を殺す兵たちも父であり、息子であり、誰かの大切な人だったということを彼らが戦地から送った手紙や家族の証言から深く実感することができます。
第二次大戦といえば、真珠湾攻撃や広島・長崎の原爆投下などにフォーカスされることが多いですが、孤島で日本本土を守るために戦った兵士たちに思いをはせるのはいかがでしょうか。
筆者は女性なので、戦争を扱う小説を読みなれない方でも取っつきやすいかと思います。
散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道

忍法八犬伝

山田風太郎作品と言えば甲賀忍法帖が有名ですが、こちらもオススメです!
甲賀卍谷で修業した8人の男たちと、伊賀のくノ一8人が、家宝の珠を巡って戦う物語です。
古い時代小説なんて読みにくくてつまらないと思っている人にほど読んでもらいたい一冊です。
まるで少年漫画を読んでいるかのようなテンポのよさ、特殊能力のオンパレードにすぐ読み終わってしまうことでしょう。
特に戦いの始まりは圧巻。ロクに働きもしなかった怠け者の男が、忠誠を誓った姫のために捨て身で敵の元に乗り込んでいくのです。
そこを読んでしまったら最後、どんどん物語にのめりこんでいってしまいます。
男たちのそれぞれの策略も見もの。「そんなのあり!?」と思ってしまう作戦もありますが、最終的に読者を納得させてしまうのが山田風太郎の持ち味とも言えます。
忍法八犬伝 山田風太郎

耳袋秘帖「妖談」シリーズ 妖談へらへら月

このシリーズの作品は全て面白いです。
実在をした根岸肥前守の周辺で起こった事件を解明していくのですが、不思議な話の裏には必ず何かある、というその何かを解明していくのも面白いです。

この妖談へらへら月は「月が笑うんだって」という不思議な言葉が1つのテーマになっています。
どういうことなのだろう?と読み進めていくと「なるほど、そういうことだったのか」と驚かされます。

江戸時代の人々の暮らしも盛り込まれているので、こういう生活をしていたのか、ということも分かるようになっていて、興味深く面白く読むことが出来る作品です。
耳袋秘帖 妖談へらへら月

 - 本・書籍