しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

厳選おすすめ警察小説!タイプがバラバラのこの3冊!

   

osusume-title-keisatsu
警察小説でもタイプが異なる3つをピックアップ!
王道的な小説も、少しミステリー色の強い作品も。まだ読んでいない一冊があればこの機会に!

第三の時効

この作品は横山秀夫さんの小説で、「F県警強行犯シリーズ」の第1作目です。
舞台になるこのF県警捜査第一課には三班あり、一班に朽木、二班に楠見、三班に村瀬という刑事たちがいます。3人ともとても個性的でクセのある刑事で、それぞれの事件を追っていくなかで、時に激しく争ったりしながら事件に挑んでいく姿を描いた本格警察小説です。
2004年度このミステリーがすごい!で第4位の作品になりました。まず三人の刑事のキャラクターが面白いです。また犯人と刑事の心理描写がしっかりと描かれています。これは6編からなる短編集なので読みやすいかと思います。
第三の時効

慟哭

幼女誘拐事件を題材にした小説家貫井徳郎さんのデビュー作です。
犯人に翻弄される警察の捜査課と若手キャリア課長との軋轢など、警察内部の事情がリアルに描かれています。
犯人の傾倒する信仰宗教の実態や登場人物の心理描写も細かに書かれてどんどんストーリーへと引き込まれました。
犯人は捕まるのか、どんな奴なのか?というのが最大のミソなのですが、最後にきて仰天の結末が待ち受けています。
読み手は思わず「え?どういうこと?」と混乱したあげく、また最初から読み直すことでしょう。
結末を知ったうえで改めて読み直すと、今度は全く別の深い悲しみのストーリーとして読むことができます。
二度読み必至のこの作品、警察小説としてもミステリーとしてもすごいです。
慟哭

 - 本・書籍