しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

おすすめの暗黒小説『殺戮にいたる病』レビュー+6冊

      2016/05/01

osusume-title-ankoku

殺戮にいたる病

もうおぞましいとしか言えない。今まで読んだ小説の中で一番暗い物語だったと思います。
推理小説なのに謎解きとかどうでもいい、早く読み終わりたいと思うほどでした。
殺人者の思いが読者に乗り移ってくるようなそんな描写、グロい部分も多くあり、今でもちょくちょく思い出して嫌な気分になります。
ただ殺戮が行われる物語。もちろん読み終えた後はきちんと推理小説だったと感じるのが不思議です。
怖くてグロいのに人に勧めてしまうのは、やはりそれだけのエネルギーを持った小説であることも事実。推理小説としてとても有名な小説ですのでグロいものが苦手でない方なら挑戦してみてもいいと思います。
殺戮にいたる病 (講談社文庫)

地下室の手記

悩み続ける男が手記を連ねるだけの小説です。ちょっと暗いものでも読もうかとこの本を手に取ったら、必ず後悔します。
暗さに暗さを重ね、どろどろした感情をさらにかき混ぜて、掻きむしってもそれは全部男の頭のなかの出来事。外には気持ちを一切出さず、出すことができず自身を地下室に、気持ちを頭に閉じ込めます。
ページ毎に暗さは一層増し、不快感も増え続けます。
何もしない男の、あの時きちんとしていたら、また自分は間違えた。もう地下室から出られない。出たくない。ずっとひとりで考えていよう。
最後のページまで、愉快さは欠片もなく、本を閉じた瞬間にはやるせなさだけがあります。とんでもない本を、とんでもない男を見た。最悪の読後感を求めている方に、おすすめします。
地下室の手記 (新潮文庫)

悪童日記

とある双子が主人公の物語小説です。
三部作になっており、この『悪童日記』は1作目、以降『ふたりの証拠』『第三の嘘』と続きます。
もちろん、続編の方も強くオススメしたい作品です。

双子の主観的な文体で語られ、読感としては日記を読んでいるような感覚に近いと思われます。
双子の名前や、双子がどこに住んでいるのか、その住まいはどんな環境なのか、
など具体的な名前を指し示す言葉が少なくまるでフィクションを読んでいるような不思議な感じを受けます。
ですが、実際舞台の背景は第2次世界大戦の状況下のさなかのブタペストを舞台にしているものだと言われており、
そのことからもバックグラウンドが決して明るいものではないことが挙げられます。

そして、その仄暗い背景と共に、あっさりと人の死が描写され、それを双子がなんの感情も持たずに受けいれ、
さらにはそれを利用して自分たちは得をしようとするずる賢さが、なんともブラックすぎる感じを覚えます。

 - 本・書籍