しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

PS3用のおすすめギャルゲーを紹介します!【プレイステーション3名作・傑作ゲームソフト】

   

osusume-title-ps3-galgame
ギャルゲーと一口に言っても、発祥は古く、1980年代から続いており、パソコンでできるゲームでした。
その中には恋愛だけではなく、性的描写や暴力的な描写もあったため、万人向けではありませんでした。

それを家庭用ゲームにするにあたって、そういった描写を排除して、男性視点での恋愛とその日常を描いたゲームをギャルゲーと呼ぶようになりました。現在も家庭用ゲーム機での発売にあたって、推奨年齢があるものもあります。

まずは「暁の護衛 トリニティ」を紹介します。

さて今回紹介したいのは、「暁の護衛 トリニティ」です。シナリオを読み進めていき、選択肢でエンディングが決まる形のノベル型またはアドベンチャー型のギャルゲーです。
ストーリーは主人公がボディガード養成学校の生徒で、1年間通っていたが、飽きてしまい、辞めようとした時に、目の前で誘拐事件が起こり、それを助けたことから物語が始まります。

主人公は古武術の達人で超人的な強さと幅広い知識を持つ人物であるが、素行が悪いので、即評価には繋がらない残念な人物。
しかし人望は厚く、素直に褒められないがこの人なら大丈夫という、絶対的な安心感を抱かせる実力を備えている。
このゲームはパソコン版で2008年3月27日に発売した「暁の護衛」、そのファンデスクである同年12月25日発売の「暁の護衛〜プリンシパルたちの休日〜」、そして続編の2010年4月22日に発売した「暁の護衛〜罪深き終末論〜」を一つにまとめて、2012年9月20日に「暁の護衛 トリニティ」として発売されました。
暁の護衛 トリニティを中古で探す

 - ゲーム