しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

PlayStation Vitaのカードゲームならこの2本!面白いおすすめソフト紹介!

      2016/04/07

osusume-title-vita-card
PlayStation Vita、プレイステーション・ヴィータ(VITA)って変わった名前だなと思うのですが、“プレイステーション”の語源は、仕事で使うコンピュータをワークステーションと呼んでいたので、遊びのコンピュータという意味で、プレイステーションと名付けられた、というのは聞いたことがあるのですが、Vitaはなんだろうと思って調べてみました。スワヒリ語で“戦い”を意味するようです、戦いの遊びをするから?とも考えましたが違うようですね。Vitaはラテン語で“人生、生活”を意味する言葉でもあり“遊びと生活を融合させるゲーム機”という想いが込められているそうです。
さて、今回はVITAで遊べるカードゲームを、2本ご紹介します。

限界凸騎 モンスターモンピース

ミノタウロス、バジリスク、ドラゴンといったモンスターを“モンスター娘”という形で、萌えキャラに擬人化したゲーム。
使用するモンスター娘カードを表示させ、画面をタッチしてカードに触れることでモンスター娘をパワーアップさせるという変わったシステム、最大パワーになると何故か服が脱げます笑。 かわいいキャラクターとタッチによるちょっとHな要素など、萌えギャルゲー要素が強いですが、カードバトルシステムが秀逸で、本気で楽しめます。
横7マス盾3マスのバトルフィールドで、両端には拠点がある。MAPにカードを配置して敵キャラを撃破しながら拠点を攻め落とせば勝ちとなります。カードは大きく分けて4タイプあり、アタッカー、シューター、ヒーラー、ブースター、それぞれの特性を生かした戦略と、カード配置に必要な魔力の分配が勝負のカギとなる。またカードの種族が同じモノは、カードを重ねることで“融合”することができ、大幅にパワーアップさせることが出来たり、固有のスキルを発動出来るカードなどがあり、戦略の幅が広く、奥深い駆け引きを楽しめるカードバトルです。
ストーリーをご紹介:モンスター娘と人間が共存する世界、ヤファニール。主人公はモンスター娘を使役する“マスター”になるため学院に通い学んでいた。ある日、友人の1人が“謎の人物”により呪いを掛けられ失踪してしまう。悪の存在となってしまった友人を救うため主人公は旅立つ決意を固めた…。
複雑そうに思えるカードバトルシステムですが、難易度は高くなく、普段カードゲームをしない友人がクリアするまでハマって遊んでいました。一見するとただの萌えバカゲーにしか見えないのですが、非常に丁寧に作られたカードシステムでだれでも純粋に楽しめる逸品だと思います。
限界凸騎 モンスターモンピースを中古で探す

 - ゲーム