しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

Xbox360の人気RPGはこれだ!ゲーマーが決めるおすすめランキングTOP3!

      2016/04/19

osusume-title-xbox360-rpg
ロールプレイングゲーム(RPG)の、本来の意味合いは「誰かの役割を演じること」なんですね。
ドラクエシリーズの主人公は はい・いいえ の選択以外全くセリフがないように作られています。
主人公はプレイヤーであって、勝手にしゃべるのはおかしいという理由があるそうです。
個人的には喋らないのは無理があるなーと思うシーンが多いので、逆に世界観を壊していると思えなくもないのですが。
しゃべることで主人公の性格が決定づけられてしまうという側面もあるので、そこを回避している部分もあるでしょうから、ドラクエスタイルが変わることは無いでしょう、逆にドラクエはそうあるべきですよね。
さて今回は、XBOX360で遊べるRPGを、名作ランキングベスト3という形でご紹介します。

第3位 ブルードラゴン

日本ゲーム大賞優秀賞を受賞し、TVアニメ化や漫画化までされた名作RPG。
ゲーム制作に豪華メンバーが集結したことでも話題を呼んだ作品で、ファイナルファンタジーシリーズ生みの親である、坂口博信が監督をつとめ、キャラクターデザインは、ドラゴンボール作者の鳥山明、音楽はファイナルファンタジーシリーズの楽曲を手掛ける植松伸夫という、そうそうたるメンバーで作られました。
かわいいキャラクター達が非常に魅力的で、鳥山ワールドを堪能できます。キャラクターとして登場する「ウンチスネーク」には笑いました、ピンクのとぐろうんちと言えば鳥山先生ですが、とぐろの先っちょに蛇の顔を付けてスネークという事にしていました。あと鳥山ロボが冒険家として登場していましたね、鳥山先生が自画像としてよく書いているものです笑。
ストーリーも良く練られた作品です。アニメ版などは、1シリーズが完結してその後新シリーズが始まりましたから、その人気がうかがえますよね。
ブルードラゴンを中古で探す

第2位 ロストオデッセイ

効果的にムービーシーンを活用した、一本道シナリオのRPG。戦闘システムはターン制のオーソドックスな作り。ストーリーは、国家間の戦争の最中、隕石が落下し両国の兵士が全滅する、主人公は落下地点にいたのに生き残り、隕石落下の原因を探り始める…というようなスタートです。
冒頭の軍団同士の戦闘で、主人公も戦っているのですが、これが迫力あって好きです、そしてそのまま敵国との戦闘モードに入っていく感じはスムーズですばらしい。
主人公は過去の記憶がなく、不死身の体を持っています、不死身ゆえに1000年の時を生きてきたのですが、記憶が無いので何故不死身なのかすらわからない。シリアスで感動的なストーリーが楽しめますよ。
ロストオデッセイを中古で探す

 - ゲーム