しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

PS4のAVG(アドベンチャーゲーム)で傑作作品はこれ!おすすめランキングTOP3!

   

osusume-title-ps4-avg
アドベンチャーゲームで有名なものといえば、かまいたちの夜や逆転裁判シリーズ、そしてゼルダの伝説なんかもそうですね。かまいたちの夜は、すごく怖いのにやめられずに全てのエンディングを見るまで続けていたのを覚えています。
今回はPS4で遊べるアドベンチャーゲームを、名作ランキングベスト3という形でご紹介いたします。

第3位 Until Dawn -惨劇の山荘-

Until Dawn(アンティルドーン)は、雪降る山荘に閉じ込められた8人の男女に巻き起る怪奇現象を描いたホラー作品です。リアリティにこだわった作品は沢山ありますが、アンティルドーンはひと味違いました。それもそのはず、ハリウッドで活躍するスタッフ・キャスト・脚本家を起用しているのです。
プロならではのカメラアングルにキャラクターたちのリアルな立ち振舞い、ふとした仕草も細かく作られていて感心してしまいます。PS4のマシンパワーを生かした、リアルな映像との相乗効果でグイグイゲームの世界に引き込まれます!
随所に出てくる物語の選択肢、それらを選択しながら怪奇現象の謎を解いてゆくのですが、選択しだいでは仲間が死んでしまったりすることもあります、ただ仲間が何人死んだとしてもゲームオーバーにはならず、物語は進行するので様々なパターンのストーリーが楽しめますよ。
Until Dawn -惨劇の山荘-を中古で探す

第2位 Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失

1980年代のイギリス、人々が姿を消したとある農村、プレイヤーはそんな村を訪れたところからゲームが始まります。
まず最初に目に入るのは、心洗われるような美しい景色、どんなリアルなゲームでも見たことがないような樹木のリアルな描画にはおどろきです。
物音一つ無い静寂の中、景色に見とれていると遠くから微かに聞こえるラジオの音…淡々とした雰囲気でストーリーは進行してゆきます。
町に人はいないですが、人々の思い、思念のようなものがいたるところに残されていて、かつてここに居たであろう人々の声を聞くことが出来ます。町の中を気軽に散歩しているような気分を味わいながら、思念をたどり、町に何があったのか解明していく過程が、実に秀逸。要所で流れるBGMも素晴らしく、なんとサウンドトラックまで発売されてしまいました!
3位のアンティルドーンとは対照的に、落ち着いてまったりとした感覚で遊べるアドベンチャーゲームです。
※DL専用ゲームです。
公式サイト

第1位 風ノ旅ビト

数々の賞を受賞しているのに、意外と知らない人の多い名作
アドベンチャーなのに言葉や文章がいっさい出て来ません、見て・さわって・感じるゲームと表現したらよいでしょうか。
プレイヤーの出来ることは、ジャンプして少しふわふわ漂うことと、一定の光と音を出すこと、特定のオブジェクトに光や音を使うと反応があったりします。
途中で新しい技を覚えるとか言うこともなく、本当にこれだけ。なのに多くの人に、心に残る名作と言わしめます。
なにが素晴らしいかと言えば、独特な世界観と演出でしょう、MAPはまるで「風の谷のナウシカ」の世界、そんな不思議な土地が無限に広がっているとも思える、言葉のない世界を旅する…。そして文章が無いことで、プレイヤーそれぞれが自分なりの物語を思い描いて行く。というのも面白いところだと思います。
美しいビジュアルのなかでも、光源の使い方がうまいと思いました、例えて言うなら、洞窟の天井の隙間から差し込む一筋の光、開けた所に出た時の神々しい太陽、みたいな表現が実に見事でしたよ!
※DL専用ゲームです。
公式サイト

さて、いかがだったでしょうか?今回はPS4ということでマシンパワーを生かした美しいグラフィックとサウンドを楽しめる作品を中心にご紹介してみました。こういったゲームはヘッドホンで遊ぶとより一層楽しめるので是非試してみて下さい!

 - ゲーム