しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

新旧融合!あの有名アクションRPGが懐かしく新しく3DSに登場![人気のおすすめアクションロールプレイングゲーム]

   

osusume-title-3ds-arpg
アクションRPGといえばRPGのうち主に戦闘部分をアクションで行うものです。
アクションRPGといえばやはり「ゼルダの伝説シリーズ」が金字塔だと思います。
3DSでも複数の作品が発売されていますが、今回はスーパーファミコン世代の人が懐かしんでプレイできるタイトルを紹介します。

22年ぶりの続編!「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」

2013年発売の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」はタイトル通り「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の続編。しかし、初代の方の発売はなんと1991年なので、リメイク版の発売などはあったものの、正当な続編としては約22年ぶりの発売、ということになります。続編ではありますが、ストーリー上は前作のはるか未来の話で、キャラやストーリーも一新されており前作を知っていないと困る、ということはないのでこの作品からプレイしても問題ありません。

「時のオカリナ」以降は3D作品のものも多くなったゼルダシリーズですが、前作「神々のトライフォース」は3D作品などほとんどなかった時代のものなので、それを踏まえて今作も高低差の表現などに立体的な表現はあるものの基本的には2D。昔懐かしい操作感で遊ぶことができます。

操作性はタッチペンメインだったこれまでのDSの2Dゼルダシリーズと異なり、前作同様ボタン操作メインで、前作のファンは同じ操作感でプレイできます。また同じマップ・同じ敵・同じBGM・一部のダンジョンの仕掛けなど、前作をプレイしていた人にはニヤリとできる要素が満載です。

もちろん前作にはない新システムもあり、特に印象的なのが「壁画化」という、壁の中に入り込んでしまうシステム。「時間制限あり」「横にしか移動できない」などという制約により、「ポツンとあるあの高台に行くにはあそこで壁画化して壁の中を移動して…」など、謎解きに新たな風を吹き込むとともに、壁の中は基本無敵なので攻略にも使える、というこれまでにない斬新な謎解きや攻略法を生み出すことに成功しています。

 - ゲーム