しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

ニンテンドーDSで遊べる!脱出ゲームのおすすめランキング!

      2016/03/19

osusume-title-ds-dassyutsu
パソコンが一般に普及した2000年前後にジャンルとして確立し始めた脱出ゲーム。
DSでも移植が遊べる「クリムゾン・ルーム」がインターネット上で話題になったのがきっかけで多数制作されるようになりました。
ヒントが少ない中手掛かりを見つけて進行させていくスタイルはプレイヤーの知的な自尊心を満たしてくれます。
筆者は今でもプレイする事はありますが、小さい頃でもPCで遊んだ時に斬新なシステムに楽しめた覚えがあります。

まずは第3位!「THE 密室からの脱出」シリーズ

“SIMPLEシリーズ”と言われる最初から廉価版として新規開発されるソフト群のDS脱出ゲーム版です。DSならではのライトユーザー向けの作品で入門者でも楽しめます。
「THE 推理」シリーズの番外編として始まった物の2作目以降シリーズ化されて現在各ハードで大きく展開しています。DSでは2作が遊べますがタイトル通り密室ゲームの王道と言った感じの作品です。価格自体が安いので体験してみるのに持って来いです。
THE 密室からの脱出を中古で探す

お次に第2位!「暗闇の果てで君を待つ」

脱出要素の強い乙女アドベンチャーゲームとされていますが、命を狙われながらなので乙女要素は少な目です。
電撃オンラインのアンケート「2009年度乙女にオススメゲーム」でダントツのトップ票を得た作品で、キャッチコピー「信じる男性(ヒト)と、生き残れ」「この試練を乗り越えなければ、掴めない愛がある」とシリアスな内容がヒットの要因なようです。
中には殺人鬼との内通者も1人居る設定で誰を信じてパートナーを組むかがキーとなる内容です。

脱出ゲームはシンプルな物が多く作業になりがちなもののこの作品はストーリーがあるので”逆転裁判シリーズ”のように物語の要素を拾っていくのが好きな人向けで、謎解きの難易度も詰まらず緩すぎずな絶妙さで評価が良い作品です。
ただ乙女ゲーだと思ってラブラブを期待して買うには死に方がショッキングなのと、幼馴染を最後にプレイしないと最初から真相が解ってしまう等プレイする順番をネットで推奨されている通りにプレイしないとモチベが落ちてしまうらしく改善の余地も挙げられています。しかし、順番通りにプレイするとかなりの面白さのようです。
暗闇の果てで君を待つを中古で探す

 - ゲーム