しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

人気iPhoneアプリでシューティングゲーム(STG)のおすすめは?

      2016/12/07

ファーストパーソン・シューティング:FPSゲームが熱い季節になりました!
10月21日発売「バトルフィールド1」、10月28日発売「タイタンフォール2」11月4日発売「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」、そして5月に発売された「オーバーウォッチ」と大作FPSだらけで嬉しい悲鳴の2016年ですが、秋の発売ラッシュには悩まされます。
その中でも「バトルフィールド1」は、第一次世界大戦をモチーフとしている点が目新しく、より一層進化したグラフィックスで100年前の戦争を鮮やかに再現しています。第一次世界大戦というとトンデモなく昔の戦争でイメージも湧きにくいですが、リアルな昔を再現しつつもスタイリッシュさも感じられカッコイイ作品になっていますね。
歴史資料とかで第一次世界大戦を見ると、白黒でボロボロのフィルム映像しか残っていないので特に古く感じていましたが、現在の最高峰レベルのグラフィックスで体験してみると、現代にも通ずるような様々な兵器が多数存在し、当時ならではの兵器(超巨大飛行船、騎兵、火炎放射、毒ガス)なんかも興味深くおもしろいです。鉄の箱って感じの戦車とか是非体験してみてほしいです♪
それでは、今回はiPhoneで遊べるシューティングゲームをご紹介してみようと思います。

ギャラガウォーズ

35周年を迎えたという名作シューティングゲーム「ギャラガ」の最新作!
片手で簡単プレイ出来る2D見下ろし型シューティング。メインショットはオート連射なので自機の移動に集中出来ますね。グラフィックスはCG全開でエフェクトも美しい!
ギャラが最大の特徴とも言える自機を2台合体させて攻撃力倍増デュアルファイターももちろん可能。またFacebookとの連携機能で、捕われたフレンドを助けるなんて遊びも出来ちゃいます。
コインによる自機の強化や『ギャラクシアン』、『スターブレード』、『ゼビウス』などの機体も登場。完全におっさんホイホイですが、10代が遊んでも楽しいですよ!

血まみれの 島(Bloody Island)

ゾンビを爽快に撃破してゆくシューティングRPG
FPSタイプのシューティングで、移動はオートなので射撃の操作に集中出来る。ヘッドショットしまくりましょう!
グラフィックは若干寂しい気もしますが、幅広いスマホで遊べるようにしてあるんだろうと納得。
新武器購入や強化によるRPG要素も強いゲームなので、新武器を購入したあとのワクワク感が良いですね。
そんなにやり込む感じでもなく、サクサク遊べるストレス発散アプリとしておすすめします。

まとめ

“オートショット”のギャラガ、“オート移動”の血まみれの島、という感じで対極のオート操作ゲームをピックしてみました。2DとFPSという違いもありますが、ゲームとしての完成度はギャラガが高いと思いますが気分次第で両方遊んでみてほしいです。

 - アプリ