しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

Androidゲームアプリのおすすめ16タイトル!2015年はこれを遊び倒せ!

   

osusume-title-androidapp
正月休みは暇だなー、というあなたにおすすめするAndroidアプリの紹介です。
有名タイトル盛りだくさんです。

FINALFANTASYレジェンズ 光と闇の戦士

昔のFINALFANTASYの魅力にあふれた作品です。システムは5のジョブチェンジシステムを基本的に継承し、アビリティスロットがジョブレベルのレベルアップで増えたりアビリティによって使うスロット数が変わったりするなど、5のシステムをさらにパワーアップさせたシステムとなっています。新要素としてフュージョンアビリティシステムが採用されています。これは特定の2つのアビリティをセットすることで新しい技を閃くといった要素で技の組み合わせを探すのも面白いです。FINALFANTASY4の四天王に該当する四将軍が登場したりして風の○○、火の○○などの表現が4の四天王のようで懐かしく嬉しくなります。4と5の良いところを合わせたような感じのゲームで、さらにグラフィックがドット絵で描かれているのでスーパーファミコン時代のFINALFANTASYが好きな人にはたまらない作品です。
Google Play

パズル&ドラゴンズ

初心者でも分かりやすい内容のパズルゲームです。ですが、パズルの上達に合わせたゲーム内容になっており、日々、新しいダンジョンが増えるので上級者でも難しいダンジョンもあり、とてもやりがいがあります。
私が特に好きな理由は、キャラクターの種類が豊富で、タイトルにあるドラゴンはもちろん、神、悪魔、回復タイプなど、他にも数種類のカテゴリーにわかれていて、デザイナーも一人ではないので色々なテイストのキャラクターがいることです。
人気アプリなので、最近は常に○○○○万ダウンロード記念というようなイベントがあり、特別なキャラクターをゲットするためのガチャに使える魔法石を無料で貰えたりします。
Google Play

TETRIS

タッチパネルデバイスにぴったりのテトリス!
特筆すべきは新しいシステム、「ワンタッチ」です。十字キーの下か上ボタンの代わりにテトリミノの置く候補が幾つか出てきているので、それをタップすると固定されます。ポンポンとテトリミノを置いていく感覚が癖になります。それ以外にフリック操作も選べます。
ギャラクシー(Galaxy)モード
詰め将棋ならぬ詰めテトリス。支えのなくなったテトリミノは下へと落ちていくので、連鎖システムがあります。手数に制限はないので課金しなくてもクリアを目指せます。
音楽、グラフィック
演出はとても綺麗です。音楽はお馴染みのロシア民謡はコロブチカのみ、後はオリジナルです。
Google Play

いっしょにプルプル

ゆるキャラが好きな人は必見!LINEはやってないけど、ディズニーツムツムには興味があると言う方にもピッタリのゲームで、各ゆるキャラの顔で作られたプルを3個以上同じものを揃えてなぞって消していくパズルゲームです。色んなプルがありますので、ガチャを引く事によってプルの種類も増えていきます。
ゲームは一人プレイも出来ますが、フレンドを作ったりすると協力しながらのプレイも出来て、得点も増えやすいのが特徴です。また1プレイにはフラワー1つが必要ですが、なくなったらフレンドにおねだりする事も出来ますし、ゲームをクリアする事によって増える事もあります。
とにかく可愛くて爽快感もあり、ついつい時間を忘れてやってしまうゲームの一つです。
Google Play

おじぽっくる育成BOX

小さなキモかわいいおっさんを育成するゲームなので、基本は放置で大丈夫です。
手の空いたときにごはんをあげ、撫でて愛情度を増やしたり、眠気がさしてきたときに電気を消してあげるだけです。
お世話の内容によって、成長した姿が変わるのも魅力の一つです。
ミニゲームをすればコインが増やせ、家具を購入し、自分なりのカスタマイズをすることも可能です。
成長した姿によって、BOX内インテリアを変えてあげてもかわいいです。
ゲーム内の広告が、常に右上に出ているので、邪魔と思うかもしれませんし、消すことが出来ませんが、完全無課金でゲームが進められるのも良いところだと思います。
Google Play

消滅都市

以前、テレビでCMを見て気になったのでプレイしています。
ジャンルはアクションとRPGですが、アクションの要素もしっかりあるし、ストーリーも良いので続きが気になります。
スマホでの操作なので最初のうちはよく障害物等に当たることも多かったし、下に行きたいのにジャンプしてしまったりと失敗もありますが、アップデートの時に修正されていることが多いことと、操作に慣れると失敗は少なくなりました。
個人的に消滅都市は音楽が素晴らしいと思います。
今まで色々なゲームをプレイしてきましたが、消滅都市をプレイして初めてサントラが欲しいと思いました。
スタイリッシュな曲が多いし、作業用BGMにぴったりだと思います。
最初の頃は音楽を聴いてプレイした方がリズムに合わせて障害物等を避けやすいと思います。
まだまだ進化していきそうなゲームなので今後が楽しみです。
Google Play

スヌーピー ドロップス

一回のゲームがそんな時間をとらないので、ちょっとした空いた時間や待ち時間でやりやすいゲームです。
動作、ゲーム内容ともに分かりやすいので、初心者でも気軽にやりやすくて楽しいです。
他にもパズルゲームはありますが、運よりも結構考えて動かさないとクリアできないようにゲームが設定されているので飽きないなと思います。
課金要素はありますが、特に課金する必要なく楽しめるように出来ているので個人で楽しめると思います。
何より起用されているキャラクターがスヌーピーなので、好きな人はもしよかったら一度してみたらいいと思います。
Google Play

テトリスモンスター

タッチパネルデバイスでも落ちものパズルの良さを引き出している
普通のテトリスは十字キーで移動、AやBボタンで回転です。しかしこのゲームでは既に画面に候補が幾つか出てきているので、
それをタッチするだけでテトリミノを置くことが出来ます。
このシステムにより、テトリスのゲームスピードを崩さず、初心者でもTスピンが理解しやすくなっています。
新ルール「スタック」も自分の好きなタイミングで攻撃出来るので、新しい戦略に繋がります。
シンプルでもよく練られたストーリー
主人公が壊れかけた世界を冒険して、原因を探していくというストーリーです
。個性豊かなキャラクターが出てきますが、一人一人の思いがあって、こちらも考えさせられます。
迫力のある3Dポリゴンキャラクターでバトル
モーションは似たり寄ったりですが、キャラクターが攻撃する時はアップになるので、迫力があります。
Google Play

ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(DQMSL)

【DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)というゲーム】
皆さんはDQMSLというゲームを御存じでしょうか。これは不朽の名作といわれているドラゴンクエストシリーズのスピンオフにあたるドラゴンクエストモンスターズがスマートフォン用にアレンジされたゲームアプリです。同ゲームは2014年1月に配信されて以降配信1か月後には300万、7か月後には700万と着実にダウンロード数を上昇させ2015年8月時点では1500万ダウンロードを記録しています。2014年時点での国内のスマートフォン普及台数が約5700万台であることから計算すると約4人に1人はこのゲームをダウンロードしていることからこのゲームの人気ぶりが窺えます。
今回は何故このゲームがここまでの人気を得ているのかを独自の目線で紐解いていきたいと思います。

【DQMSLの魅力その1:冒険心をくすぐる操作感】
まず従来のドラゴンクエストシリーズとの最大の違いはそれまでのコント―ローラー操作からスマートフォン上でのタッチ及びフリック操作に変わった点にあります。これによりダンジョンの探索中に道中にある樽や壺等をタッチすることでアイテムを獲得したり次のフロアへの移動をフリック操作で行う等自分で冒険をしている感覚を味わうことが出来、プレイヤーの冒険心を満たしていると考えられます。

【DQMSLの魅力その2:育成】
ドラゴンクエストモンスターズの魅力の一つであるモンスターの育成要素は勿論このゲームにも存在しており、プレイヤーはお気に入りのモンスターを引き連れて冒険に出発して経験値を得たり育成したいモンスターに気合を伝えることで経験値を与える気合伝授など様々な方法でモンスターを強くしていくことが出来ます。
また、モンスターの中には転生をするものもいる為必要な素材を集めて転生をさせることにより更なる強化が望めるものも存在します。そのための素材集めには簡単なものからプレイヤーのスキルが問われるものもあるため如何に効率よく育成をするのかという楽しみも魅力の一つであると思われます。

【DQMSLの魅力その3:闘技場】
DQMSLでは育てたモンスターを他のプレイヤーと戦わせることが出来る闘技場が存在します。ここでは毎週ランキング戦が行われ戦績に応じた称号を得ることが出来ます。
また、最近始まった制度として特殊なルール制限が用いられた大会が行われており場合によってはパーティーの変更を余儀なくされることもあってプレイヤーには多様なモンスターの育成が求められます。

以上3つの観点からDQMSLというゲームの魅力をお伝えしました。
Google Play

ドラゴンポーカー

【ドラゴンポーカーというゲームについて】
ドラゴンポーカーとは2013年5月に配信が開始されたスマートフォン用ゲームアプリです。同ゲームは配信開始以降着実にダウンロード数を伸ばしていき2015年2月には400万ダウンロードを記録しています。今回は何故このゲームがここまでの人気を得ているのかを独自の目線で紐解いていきたいと思います。

【ドラゴンポーカーの魅力その1:斬新なゲーム内容】
同ゲームはRPGとトランプのポーカーゲームを融合させたシステムでクエストを進めていくゲームとなっており道中出現する敵に対してポーカーの役作りでダメージを与える仕様となっています。基本的にクエストは他プレイヤーと協力して進めていく形であり各プレイヤーは手元に配られた4枚のカードから毎ターン1枚ずつカードを出し合って場に出たカードを照合して完成した手役によって攻撃内容が変わってくる。プレイヤー間ではチャットが出来るため役作りを行っていくための作戦を練りながらクエストを進んでいける点が魅力的です。

【ドラゴンポーカーの魅力その2:デッキ編成】
今作は1つのデッキに付き13枚のカードで構成されプレイヤーはデッキに組み込まれるカードを親分、親分に装備することで能力を発揮する子分に分けてデッキ編成を行います。カードには進化要素もあるため進化させることでステータスの上昇及び発揮されるスキルが変化し効率よく敵にダメージを与えられるようになります。しかも、カードによっては親分よりも子分に設定する方がより良い能力を発揮するカードもあるため一概に良カード=強カードという方程式が成立しないのが魅力であるといえます。
また、カードの中には特定のカードとセットで場に出すことによりコンボ攻撃をすることが出来るものも存在しているので参考程度に覚えておくのも良いかもしれません。

【ドラゴンポーカーの魅力その3:闘技場】
闘技場とはプレイヤー同士が戦う場所でありここでも基本的に5VS5のチーム戦で対戦が行われます。プレイヤーは手役をより強いものにするために手持ちのカードを入れ替える等の特殊能力を使うことが出来るのだがここではクエスト用のものとは別に闘技場専用の能力もある為より効率よくゲームを進めるための構築が求められます。

以上3つの観点からドラゴンポーカーの魅力についてお伝えしました。
Google Play

 - アプリ