しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

《ダンベルの捨て方》大きいサイズのものは粗大ゴミ!

      2017/12/10

【リサイクルの道もあるのか?!】
不用品回収業者に回収してもらう場合は、逆に処分費用や運搬費用が取られる場合もあり、粗大ゴミとして出すよりも余計に費用が掛かってしまうということもあり得ます。
ダンベルの種類によっては、学校や近くの何かダンベルを必要としている施設に寄贈するという方法もありますが、交渉が面倒というデメリットがあります。

最近人気を集めている不用品を無料で必要な人に譲るコミュニティーサイトなどを活用するという方法もあります。この方法だと費用をかけずに、必要な人に利用してもらえるため、お互いにとって良い方法と言えます。

また、ほかの方法としてはイッターネットオークションで出してみるという方法です。重いものなので送料が高くついてしまいますから、直接取りに来てもらうなどの条件を加えて出品してみると良いでしょう。意外に高値で買い手が付く場合があります。この方法だと処分費用もかからずに、少しのお小遣い稼ぎにもなりますから、やってみる価値のある方法です。ただし、購入者とのトラブルを避けるためダンベルの状態などの詳細を記入し、鮮明な写真を撮って載せるようにしましょう。

 - ゴミ処分