しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

【トイレの捨て方】割れている場合は注意喚起を!

      2017/12/24


なかなか普段はトイレを捨てることはないかもしれませんが、トイレのウォシュレットや便座が割れてしまったり、壊れてしまって取り替えが必要になった場合などに普段なかなか捨てることのない故に、どうやって捨てたらよいのか悩んでしまいます。

《ゴミ出しの際はマナーを守ろう!》
今は便利な時代で、特に工事業者でもない一般の人でもインターネット通販で何でも買えるようになりました。そのため以前であればトイレのウォシュレットや便座が壊れてしまったり割れてしまった場合は業者の人に頼む以外の選択肢はありませんでしたが、今では個人でインターネット通販で自分で買って取り替えることも可能になりました。
費用の面でも業者に頼むよりもかなり安くで抑えることができます。

しかし、業者でない分取り替えた後の処分に困ってしまうのは事実です。ウォシュレットや便座は「粗大ゴミ」です。細かく砕くと「不燃ゴミ」として回収してくれる場合もありますが、とても硬いプラスチックでできていますので金づちでもなかなか割れません。とても危険なので潔く粗大ゴミとして処分するほうが安全です。

ゴミに出す際はマナーを守りましょう。自分が使っていたものだと便座などは特にキレイに見えて他のゴミと変わらないように感じるかもしれませんが、他の人から見ればトイレであり、いくら見た目がキレイでも汚いものと感じます。粗大ゴミとして出す際も袋に入れるなどの配慮を示し、捨てるものではありますが雑巾などでキレイに掃除してから出すようにしましょう。

 - ゴミ処分