しなのゆ!

なんとかウェブマガジン!

【歯ブラシの捨て方】古歯ブラシは活用術がいっぱい!

      2017/12/27


毛先が広がってしまった歯ブラシなど歯ブラシの買い替え時期はなかなか難しく、人によってもまちまちです。ほとんどの場合本体がプラスチック、毛の部分はナイロンでできている歯ブラシですが捨てる際は何ゴミとして出すのが正解なのでしょうか。

また、買い替え時期が来てしまった歯ブラシを復活させる方法はあるのでしょうか。古くなった歯ブラシの活用方法も是非知りたいものです。

《歯ブラシの復活術とは?!》
プラスチック製の歯ブラシは一般的には「可燃ごみ」もしくは「資源ごみ」になります。最近では電動歯ブラシを使う方も増えてきていますが、電動歯ブラシは「不燃ごみ」に捨てるようにしましょう。

毛先が広がってしまった歯ブラシを復活させる方法がありますので、興味がある方は一度試してみてください。
歯ブラシの毛の部分のナイロンの持つ形状記憶の特性を活かして65度-80度のお湯に浸けてゆっくり掻き回します。
すると不思議なことに広がっていた毛先はまっすぐに戻ります。温かいうちは毛先が柔らかくなっているので、次に冷水に浸けて毛先を固めます。
これを何回か繰り返すことで歯ブラシを復活させることができます。

《歯ブラシの活用術とは?!》
使わなくなった歯ブラシやホテルのアメニティーで置いてある歯ブラシを持ち帰って掃除に使うという人は少なくありません。
シンク周りや洗濯機のフィルター掃除に使うというのはよく聞きますが、他にもまだまだ使える場所がたくさんあります。

歯ブラシをそのまま使ってスポンジや手が届きにくいところの掃除に使うことがありますが、さらに毛先を斜めにカットすることでより細かなフローリングなどの溝の掃除をすることができます。

 - ゴミ処分